ECショップを運営するときの心得

ECショップとは、パソコン一台あれば誰でも簡単に始めることが出来る、お金を稼ぐための事業のことです。

最初は不安がつきものですが、立ち上げの際サポートしてくれる専門家も増えてきたため安心して始める人が増えてきました。

ECショップを運営するにあたり、販売価格のミスをしない、執拗な連絡は避ける、常に迅速な対応を心がける、こういった基本的な心得は常に忘れてはいけません。

価格のミスは初歩的なミスと思いがちですが、少しの入力ミスが顧客の信頼を一瞬で奪うことに繋がりかねません。

また、問い合わせされた内容に対しての返答や、注文を確認しての連絡は早ければ早いほど安心に変わります。

実際に手に取って買い物が出来ない分、買い手にとっては販売者からの情報だけが頼りになります。

些細なことや、実際に自分が手に取って感じたことを消費者目線で伝えることも大切です。

運営に余裕が出てきたら、マニュアル通りの取引きではなく、手書きのカードを添えたりして感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。

PAGETOP