本業で始めるECショップ

ECショップを本業として始めるつもりなら、まず最初は集客効果も考えてショッピングモールに出店をするといいでしょう。

ショッピングモールでは、ECショップのサイト運営に必要な商品の更新や、説明や表示がし易いツールが揃っています。

例えば、商品の写真の記載や、サイトのレイアウトをしやすくするためのソフトが必要になります。

サイトを作る知識がある方なら、専用の記述で体裁の良いものを作ることができ、見やすく購入しやすいECショップができますが、知識のない方が初めから作ったり、更新をしたりするのは大変な場合があります。

ショッピングモールの運営企業から使いやすいウェブ作成ツールを提供してもらえることがありますので、とても便利です。

顧客の利便性を考えた場合に、ショッピングカートや多様な決済手段も必要となります。

カートは候補の商品を一時的に保管しておけるので、迷う場合には取り置きができますので、顧客の側からするととても便利でしょう。

カートの機能もショッピングモールでは使えるようになっていることが多いです。

また、決済手段においては、代引きや銀行振込のような方法では大変な利用者もいますので、クレジットカードや電子マネー、コンビニ決済等の手段ができた方が使いやすい場合があります。

できるだけ選択の範囲が広ければ、顧客も購入しやすくなるでしょう。

決済方法を増やすと、決済業者からの審査がありますので、それぞれ認可されるのが難しくなりがちです。

ショッピングモールでは、審査があっても、複数の決済代行のシステムを使えることがあり、導入もスマートフォンから簡単に運用することができるようになっている所があります。

本業でECショップを解説したい場合は、運営に慣れていないうちは、ショッピングモールに加入して、固定客がつくようになったら、平行して独自のショップを立ち上げるようにするのがおすすめです。

PAGETOP