ECショップの基本

ECショップとは、インターネット上に開設されたウェブサイトで商品の売買取引や、対価を伴うサービスを提供することで、オンラインショップ全般を指します。

通常の店舗で必要な在庫管理に加え、ECショップ向けのサイトの構築、ホームページの運営管理等の知識、顧客への通知や集客、多様な決済手段システムが必要になります。

インターネットの知識のない方や、サイト構築に慣れていない方が、専用のソフトを使いこなすのは難しいことが多く、最初は統合ソフトや簡易的なひな形やツールが用意されていて、宣伝もしやすいショッピングモールに出店する方も見られます。

独自のECショップを運営するには、まず、レンタルサーバの業者に申し込みをし、独自のサイトアドレスやメールアドレスを取得することが必須となります。

企業名やショップ名をアドレス部分に入れられるため、顧客への宣伝にもつながります。

ECショップ構築向けのレンタルサーバ業者の中には、ショップ構築のためのウェブサイト作成、管理更新ソフトを用意しているところもあり、HTMLの知識がなくても、ショップ全体を構築できるようになっています。

また、ショッピングカート機能や、在庫の管理、ショップのメールマガジンの発行ができるサービスがつけられていることもあります。

最初は他のECショップとサーバを共有することで、安価に利用できます。

固定客やリピーターが見込めるようになったら、多くの顧客が集まるようになり、サーバがダウンしないように、自社専用でサーバを利用できるようにするといいでしょう。

決済については、クレジットカード会社や電子マネー等、個々の決済業者に申し込む必要はありません。

決済代行業者に依頼すれば、審査も1回で済みますし、時間もかかりません。

決済手段ごとの入金日も規定の日にまとめられるので、事務処理の手間がかかりません。

PAGETOP